クーリングオフを試すには

それと、内職商法もしくはモニター商法といったような業務提供誘引販売と呼ばれるもののほかマルチ商法といった連鎖販売契約の場合であれば、20日間以内であれば契約を解除することが可能なのです。そして、街を歩いていたところ話しかけられて着いていったら高価なものを購入させられてしまったケースでも認められています。さらに、電話で誘導されるがままに契約してしまったときでも8日間以内であるとすれば認められているのです。
しかし、先ほど述べた保険契約並びに特定継続的役務に該当するケースでは適用されます。

次に、カタログ通販並びにネットオークションやネット通販など自分で葉書やインターネットを使って申し込みを行うと適用されません。

こういう様な事例は一人で暮らしているお年寄りに多いですが、こういうようなときには、商品を購入後8日間以内であれば商品を返品することが可能だと言えます。始めに認められる場合を見てみると、自宅及び勤務先への訪問販売です。

一例をあげると、業者が家に商品を売りに来た時に、半ば無理強いをして買わされてしまった場合があげられます。

コメントを残す




関連記事

記事がありません

Menu

HOME

 TOP